助成金の活用

受けていない・知らないコトが多い助成金!

会社設立直後はどうしても資金繰りが困難になりがちです。
そのため多くの場合、まずはコスト削減に力を入れる会社が見受けられます。

しかし、コストをかけることで売上を上げることができるため、あまりにコストを削減してしまうと今度は経営面で大きなダメージを受けかねません。
そこで、国や地方自治体からの助成金を積極的に活用してください。

助成金の多くは個人事業者及び法人を対象としていますが、中には対象が法人に限られているものもありますし、助成金の支給審査自体も法人のほうが通りやすいという実態があります。

もちろん融資ではないので返済が不要!

例  売上5,000万円  純利益(手元に残ったお金)が100万円

これは言い換えると手元に100万円お金を残すのに5,000万円の売上がいるということです。
ではここに、仮に200万円の助成金が手元に入ったとしたら…

1億円の売上を上げたことと同じことになります!!

東京会社設立センターでは顧問契約させて頂いたお客様に対して随時助成金のアドバイスを行っております

会社設立におすすめの助成金

状 態 名 称 内 容 ポイント 支給金額
従業員の雇用を考えている方 トライアル雇用奨励金 試行雇用により適性や能力を見極め、常用雇用へのきっかけとすることを目的とした制度 就労の経験のない職種または業務に就くことを希望する人の試行雇用 1人につき月額4万円(最長3ヶ月)
従業員の雇用を考えている方 特定求職者雇用開発助成金 高齢者や障害者等を継続雇用した場合に賃金の一部が助成される 賃金相当額の一部が6ヶ月ごとに支給 1人につき50万円~240万円
従業員の雇用を考えている方 高年齢者雇用安定助成金 高年齢者の雇用環境整備の措置を講ずる。定年退職予定者を雇入れる 生涯現役社会の実現に向け、高年齢者の雇用の安定を図る 環境整備期間にかかった経費の2/3又は対象高年齢者×20万円の低い金額(1000万円上限)
従業員の人財育成・キャリアアップをお考えの方 キャリアアップ助成金 有期契約労働者等を正規雇用等へ転換する。賃金水準の向上や健康診断制度の導入 非正規雇用労働者の企業内でのキャリアアップの促進 定める6つのコースに応じて支給される

このページの先頭に戻る