助成金の活用

助成金は活用すべき?

会社設立をした後すぐに従業員を雇用するケースも少なくありません。しかし設立したばかりの会社が月に何十万円という人件費を負担するのは大変です。その人件費の負担を補うために必要以上に他の部分のコストダウンを実施する経営者もなかにはいらっしゃいます。

しかし、売上をあげるための広告宣伝費や、本当に必要なアドバイスを受けるためのコンサルティング料などを削ってしまうと、会社を存続させることすら危うくなってしまいます。

そこで、今から会社設立される皆さまにはぜひとも助成金を活用していただきたいのです。厚生労働省の各種助成金を活用して資金繰り対策をすべきなのです。

もちろん融資ではないので返済が不要!

例 売上2,500万円で手元に残った利益が50万円だった会社の場合

つまりこの会社は50万円の利益を残すために売上高は2,500円必要ということです。
その会社に、例えば200万円の助成金が入ってきたとすると…

売上高+1億円と同様のメリットを受けられます!!

横浜会社設立センターでは顧問契約させて頂いたお客様に対して随時助成金のアドバイスを行っております

会社設立におすすめの助成金

状 態 名 称 内 容 ポイント 支給金額
従業員の雇用を考えている方 トライアル雇用奨励金 常用雇用をするために能力・適性を見極める試行雇用を実施することに対する奨励金です。 業種や業務内容が未経験の方を試行雇用する際には要検討です。 1人につき月額4万円(最長3ヶ月)
従業員の雇用を考えている方 特定求職者雇用開発助成金 障害者や高齢者などを継続的に雇用することに対する助成金です。 実際に支払う給料のうち一部が半年ごとに支給されます。 1人につき50万円~240万円
従業員の雇用を考えている方 高年齢者雇用安定助成金 高年齢者雇用に則した環境を整備することなどに対する助成金です。 高年齢者に生涯現役で働いてもらうことを目的とした制度です。 環境整備期間にかかった経費の2/3又は対象高年齢者×20万円の低い金額(1000万円上限)
従業員の人財育成・キャリアアップをお考えの方 キャリアアップ助成金 非正規雇用者を正規雇用者にキャリアアップさせる場合などに適用できる助成金です。 優秀な非正規雇用社員がいる会社にオススメの助成金制度です。 定める6つのコースに応じて支給される

手数料0円で会社設立したい方へ

このページの先頭に戻る