よくある質問

会社設立のよくある質問

事前予約をしないと無料相談は受けられませんか?

当日予約も可能ですのでまずはお問い合わせください。ただし当日の会議室が埋まっている場合などには、翌日以降のご案内になるケースもございます。そのため可能な限り事前予約していただくことをお勧めしています。

平日しか無料面談はできませんか?

事前予約をいただければ平日以外でも無料面談を承っています。平日でも朝早めの時間帯や遅めの時間帯など、ご希望をおしゃっていただければ可能な限り時間調整をさせていただきます。

電話かメールで会社設立の手続きの申込みはできますか?

電話やメールだけでお申込みはできません。お申込みは初回の無料面談で直接ご説明を差し上げた後に承っています。会社設立の手続き代行をさせていただく際には必ず代表となる方に直接、意思確認をさせていただいています。

日本政策金融公庫からの借入を考えています。サポート可能でしょうか?

はい、サポート可能です。まずは無料相談で借り入れに関するお悩みをご相談いただければと思います。一般的には会社設立してすぐの融資は難しいとされていますが独自のノウハウで創業融資をできるだけ有利に進めていけるようにアドバイスさせていただきます。

補助金・助成金のサポートは受けることはできますか?

はい、サポート可能です。場合によっては社会保険労務士など専門家のサポートも必要となりますが、横浜会社設立センターがワンストップで全てのご相談を承ります。

会社設立した後のサポートはしてもらえますか?

もちろんサポート可能です!会社設立はあくまでスタートです。横浜会社設立センターではスタートダッシュのためのフォロー体制も整えています。運営母体の税理士法人SBCパートナーズを中心に、専門家たちが手厚く会社経営のサポートをさせていただきます。

資本金の金額はどうやって決めれば良いですか?

まずは会社設立から確実に売上を上げるために必要な期間を検討してみてください。そしてその期間に発生するコストを考えてみてください。会社設立の費用から、仕入れ、旅費交通費、交際費などに至るまであらゆる費用を合算した金額以上が資本金の適正額です。どのような経費がかかるか想像できない、という方はまずは無料相談にご予約ください。

会社設立にはどんな書類が必要ですか?

一般的には以下のような書類が必要となります。

  • 役員になる方の印鑑証明書
  • 株主になる方の印鑑証明書
  • 資本金を入金した通帳のコピー

他にも会社実印の手配や会社情報の確定など様々な準備が必要となります。なお、設立される会社形態などによって若干、必要書類は変わります。

必要書類の詳細についてご不明点がある方はお気軽にお問い合わせください。

会社の決算月は3月でないといけないのでしょうか?

大手企業は3月決算であることが多いですが、決算月は自由に選択することができます。
一般的には繁忙期と、決算月(及び2か月後の申告月)を重複しないようにするケースが多いです。横浜会社設立センターでは消費税の節税になる決算月の決め方などもご提案することができますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

役員の数に決まりはありますか?

過去には取締役が3名と監査役が1名、合計4名の役員が必要な時代もありました。しかし今の会社法では最低1名(代表取締役)がいれば会社設立は可能となっています。

個人事業主として事業を始めるか、初めから会社設立をするか、どちらが良いか相談できますか?

はい、もちろんご相談可能です!個人か会社化でお悩みの方は非常に多くいらっしゃいます。
無料相談にお越しいただいた際には税金面、経営面、その他あらゆる角度からメリット・デメリットをお伝え可能です。まずはお電話かメールでお気軽にお問い合わせをいただければと思います。

会社設立の料金は事前振込でしょうか?

お振込をいただく前にまずは無料面談を実施しています。面談内容にご満足いただいた方には設立費用をお振込みいただいています。着金確認でき次第、本格的に会社設立の手続きをスタートしていきます。

手数料0円で会社設立したい方へ

このページの先頭に戻る