会社設立のメリット・デメリット

会社設立のメリット・デメリット

  個人の方 法人の方
設立費用 0円 約20万円
信用力 一般的には低い。大手企業などからは取引を限定される場合もある。 一般的には高い。個人とは取引をせず、法人のみと取引する企業もある。
資金調達 金融機関からの借入は難しい。 金融機関からの借入をし易い。特に日本政策金融公庫などは新設法人にも積極的。
責任範囲 無限責任。 資本金の範囲内で責任を負う(有限責任)。
交際費 交際費は全て経費計上が可能。 会社規模によって経費計上できる金額が制限される場合もある。
繰越欠損金 青色申告の場合、3年間の繰越可能。 青色申告の場合、9年間の繰越可能。
所得税・法人税 5~45% 15~23.9%
減価償却 強制的に償却費を計上。 償却費は任意で計上可能。
生命保険料 生命保険料控除は最大でも12万円まで。 要件に該当すれば保険料の50%または100%が経費となる。
役員報酬 役員報酬を受け取ることはできない。 役員報酬を受け取ることが可能で、給与所得控除を受けることができる。
退職金 受け取ることはできない。 受け取ることができる。
親族への給与 専従者給与となり、配偶者控除や扶養控除を受けることができない。 勤務の実態があれば支給可能。配偶者控除や扶養控除を受けることもできる。
決算期 年末(12月) 任意で決算期を選択可能。
経理業務 会計処理は簡便的なもので可。 会計処理は複式簿記に基づく正確な処理が必要となる。
税金 利益が出なければ税金はかからない。 利益が出ない場合でも定額の税金(均等割り)がかかる。
登記 登記申請は不要。税務署等への届出書の提出のみ。 登記申請が必須。税務署等への届出書の提出も必要。
社会保険 従業員が5名未満は加入義務はない。 従業員数に関わらず加入義務がある。
人の採用 信用力が低く、採用は困難。 信用力が高く、人材確保がしやすい。

会社設立することの3大メリット!!

税制上のメリット

信用上のメリット

経営上のメリット

①税務上のメリットは例えば、赤字になった時の繰越欠損金が会社は個人事業主に比べて長期間なこと、また逆に1年間の利益が大きく出た際の法人税の税率が所得税に比べて低いこと、などが挙げられます。
また今後の大きな展望として「個人増税・法人減税」の傾向にありますので会社設立をすることで、法人減税の恩恵を受けることが可能です。

②信用上のメリットは、お客さまから見た信用、取引先から見た信用、金融機関から見た信用、の3つに大きく分けることができます。営業を考える上ではお客さまや取引先からの信用が重要なのは言うまでもありません。もし融資を受けることを考えられている場合には金融機関からの信用もとても大切です。

③経営上の1番のメリットは、会社形態にすると有限責任(一部の特殊なケースを除く)になることです。万が一、事業の存続が危ぶまれるような場合でも出資した資本金額をベースに責任範囲は有限となります。融資の際に代表者が連帯保証をしている場合などは個人も債務を負うことになるので注意が必要です。

3大メリットはあくまで一般的に考え得るメリットです。個別案件には専門家の判断が必要ですので、ご不明点などあればお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください

手数料0円で会社設立したい方へ

このページの先頭に戻る