社長と夢語ってきました! in淡路 vol6 後編 ~壁を突き破れ~

前回は、60kmの壁とはなんと自転車で走るということを紹介しました。

そして今回は、私達を襲った事件について書かせて頂きます。


今回もストーリーテラーは熱血漢 森田です!

~ゴルゴルゴーーーーる~



山を超え谷を超え、

もう少しでゴールだという雰囲気がチームに漂い始めました。

足はパンパンになり日差しで焼けた肌がヒリヒリする。

ゴールまで10km地点でゴールまでの道のりを確認し、
神社を目印に右折するということをインプットしました。


体の疲労感はMAXですが心の中は、
もうすぐこの自転車の旅も終わりかと思うと感慨深いものがありました。

しかし、目印の神社がなかなか出てきません。


メンバーのひとりが・・・

「あそこにあるコンビニは最初の休憩所じゃない?」




どういうことだ??



??確かに見たことのある風景!!

まさか神社を通り越したのか?



そうです、そうなのです。通り越してしまったのです。

先頭で走っていた私は、全員に謝罪しました。
もうこれは土下座をする覚悟です。


しかし、皆から帰ってきた答えは・・・


「仕方がないよ、私達も氣がつかなくて申し訳ないです。」


でした。なんて素晴らしい仲間だ!


本当にこのチームで、そして皆さんで良かった!!


全員に感謝をして、来た道を戻り何とかゴールが出来ました。

我がチームの走行距離は60kmを超え、なんと70km(東京~横須賀間)になっていました。


全員から「貴重な経験ができた。」と言ってもらい私の60kmの壁も終了です。





研修での課題である「自分の役割」に関しては答えが出ておらず、
これからも探し続けなければなりません。


今は日本中の中小企業の皆様に元氣になって頂くのが
私の使命と考え明日も全力疾走します!!


ご一緒に「60kmの壁」にチャレンジしたい方、
全力疾走中の方は、東京会社設立センターまで

東京会社設立センター 森田