起業することの喜びと苦労

会社設立を目指す人が増えているのは、それだけ多くの人が、興味関心を抱いていることを物語っているといえるでしょう。その歴史を振り返ってみれば、会社を立ち上げることは、容易になってきたといえます。

昔であれば、会社を立ち上げるにあたっては、資本金として株式会社であれば、1000万円が必要であり、有限会社であっても300万円というまとまった資金が必要であったことは記憶に新しいところです。しかしながら、今となっては、規制緩和により、その要件は格段に軽減されたのです。会社がドンドン増えることによって、社会全体に活気がみなぎることに期待する動きが大勢を占めるようになってきたのです。

そもそも会社を立ち上げるともなれば、さまざまな準備や手続き等が必要になることはいうまでもありません。従業員の確保はもとより、監督官庁への届け出や約款の制定、事務所の設置などと多くの手間暇がかかるものです。よほどの知識を持っている人でなければ、自分一人ですべてをこなすということは至難の業といえるでしょう。

そんな中、弁護士や司法書士、社労士などの力を借りることによって、会社設立にこぎつける人が多くなってきました。むろん、このような専門家に依頼することによって、費用がかかることになりますが、きちんとした手続きをすることによって、のちのちのトラブルを避けることができます。会社を立ち上げるということを口にすることは簡単ですが、現実に自分が代表者としてすべてのことを進めていくのは、大変なことであることは、肝に命じておく必要があります。いわゆる個人事業主としてスタートをきるのであれば、すべての責任を自分自身が負うことになりますので、リスクについても限定的といえるでしょう。しかし、従業員を抱えることによって、その責任は大きくなっていきます。万一、従業員に扶養家族がいるとするならば、なおさら責任が重くのしかかってくるのです。

今の時代、会社を立ち上げることは比較的容易ですが、会社の経営を黒字化して、安定的な経営を実現することは難しいといえます。現に一年間に多くの企業が産声をあげるものの、その多くが数年の間に消滅していくことが取りざたされています。ありとあらゆるジャンルにおいて、ネットワークサービスの効果が発揮されている今、いかにしてネットワークをうまく活用していくかが、ビジネス展開を左右するといっても過言ではありません。国民の多くがインターネットを使っていることはまぎれもない事実です。自宅でのパソコンはもとより、スマホやタブレット端末などを持っている人は多く、その普及率の高さは半端なものではありません。若い世代はもとより、中高年やシニア世代までの幅広い世代が当たり前のように使いこなしています。

会社設立のノウハウについて、特集を組むなどして、会社を立ち上げることに意欲を見せる人をターゲットにしたビジネスがあることも心得ておく必要があります。しかし、そのような情報を何も疑うことなく信じることはないようにした方が良いといえます。中には、人をだますようなホームページやサイトがあるということも念頭におく必要があります。あくまでも、自分の判断が必要になるのです。

弁護士や司法書士、社労士などの専門家や有用な情報を紹介してくれるサイトなどの意見を参考にしながら、決断を下していくことが求められているのです。最近では、ロボット社会や自動運転、人工知能、ドローンなどといった未来に向けての動きが国家主導で進められるなど、次世代を意識したビジネスにスポットライトが浴びせられています。多くの視点を持っての会社の設立が必要になるのです。





東京会社設立センター 吉田 栄博