はじめての銀行融資

日本政策金融公庫(旧:国民生活金融公庫)からの資金調達

無事に設立したものの、会社経営には資金が必要です。
会社設立直後で実績がない場合には、まずは政府系金融公庫である日本政策金融公庫(旧国金)がおすすめです。

日本政策金融公庫 おすすめポイント

銀行よりも借りやすく、金利が安い
日本政策金融公庫は何といっても金利が安く、しかも固定金利なのが魅力です。
創業支援制度あり
新規創業の方のみを対象とした融資枠があり、幅広い業種に対して設備資金や運転資金を融資してくれます。また代表者が保証人になることや、無担保・無保証での融資も可能です。
ゆとりの返済期間
運転資金は5年以内、設備資金は15年以内に返済することができます。

融資を受けるポイント

融資のポイント

融資審査におけるポイントは、事業計画がしっかりしているか、代表者の人間性はどうか、担保や保証人の有無、 代表者のこれまでの経歴など事業性がしっかりしているか等を代表者自らがアピールすることです。

そのほか日本政策金融公庫の場合には、開業に際して支出した出資金がどれだけあるのかも重要なポイントになってきます。そのため日本政策金融公庫から融資を受けるには、事業計画書をしっかりと作成すること、面接で事業の内容と熱意をしっかり示すこと、自己資金があることが重要です。

なお都市銀行・地方銀行からは、会社設立直後で実績もないところでは、よほどの担保がなければ融資を受けることは出来ません。

東京会社設立センターでは豊富な実績と経験により、融資のサポートをいたします。

このページの先頭に戻る